ブログ引越しのお知らせ
女の一人〇〇は、お引越しをしました。
新しいブログはこちらです。


2010年05月20日

【スコットランド一人旅】アイラ島蒸留所巡り(3)

この記事はアイラ島蒸留所巡り(2)の続きです。

目が覚めたら身支度をして1Fのレストランで朝食ですレストラン

メニューの中から好きな物をチョイスします。私はベーコン・スクランブルエッグ・マッシュルームに、一度挑戦しようと思っていたブラックプディングを付けてもらいました。
scotland4_1.jpg

ブラックプディングとは豚の血を固めたソーセージです。
出てきた感想→「やばい。ブラックプディング、でかい。」
普段、お肉やお魚はまずくても残さない様にしている私ですが、これはどうしても食べられず半分でゴメンナサイ・・・もうやだ〜(悲しい顔)後から調べたら私が大嫌いな「玉ねぎ」がたっぷり入っているそうで、血だからダメという訳では無かったようです。
scotland4_2.jpg

ホテルをチェックアウトして荷物を預け、10時からは昨日予約したボウモアのツアーに参加です。昨日と同じく、ウィスキー作りの工程を見学していきます。
scotland4_3.jpg

最後は、海を臨む素敵なカウンターでの試飲ですぴかぴか(新しい)
scotland4_4.jpg

ボウモアには本数限定のボトルが何種類かあって、その中のMaltmen's Selectionという3000本限定ボトルをフストカーレンへのお土産に買って帰ったのですが、これがもう素晴らしくおいしくて買って正解でした。(画像はフストカーレンにて。)
bowmore.jpg

15時半にポートアスカイグ発のフェリーでケナクレイグに向かう予定だったので、「土曜日で閉まってるけど外観だけでも見たい!」と、ポートアスカイグ近くのカリラ蒸留所まで行ってみる事にしましたダッシュ(走り出すさま)

ホテルに荷物を取りに戻りバスでカリラ蒸留所に行くと、あれ?ショップが開いてる?やったー!買い物だけでも嬉しいるんるんと、思ったら何とタイミングよくツアーが始まった所で、私も参加させてもらえました。
scotland4_5.jpg

ポットスチルが並ぶ窓の向こうにはジュラ島が。あー、もう1日あればジュラにも行きたかった・・・。
scotland4_6.jpg

試飲は12年と蒸留所限定販売のカスクです。カリラを飲んだのは久しぶりだったのですが、12年ってこんなにおいしかったっけー?と思うくらいおいしかったです。「港まで車で送っていくから、時間気にしないでゆっくり飲んでねわーい(嬉しい顔)」と言ってくれたお姉さんの優しさが、更においしくしてくれたのかも知れません。
scotland4_7.jpg

カリラのお姉さんに限らず、アイラ島の人達はとてもフレンドリーで優しい人ばかりでした。そして誰もが自分達のウィスキーに誇りを持っている。これからはアイラモルトを飲む度に、アイラの人達の顔が浮かびそうです。

カリラのスタッフの方に車で送って頂き、フェリーに乗り込みます。フェリーの中にはレストランがあり、「マカロニおいしいよ〜るんるん」と言われたので頼んだら凄い量が出てきましたあせあせ(飛び散る汗)
scotland4_8.jpg

2時間半でケナクレイグに到着し、そこからグラスゴーまでバスで3時間半。長い移動でしたが、偶然同じルートだった旅行者の方と楽しくおしゃべりしていたらあっという間でしたるんるん
scotland4_9.jpg

夜9時半頃、ブキャナンバスステーションに到着。この日のホテルはブキャナンバスステーションのすぐ隣にあるエクスプレス・バイ・ホリデイ・イン・グラスゴー・シティセンター・シアターランド(名前長いたらーっ(汗))を予約していました。代金は、アップルワールドで朝食付き9,400円で、立地がとても良くお部屋も広くて綺麗でした。
scotland4_10.jpg

その後、パブでビールを飲んで気分が良くなって、気付いたらベッドでグッスリ眠っていました眠い(睡眠)朝になったら今度は電車でエディンバラに移動ですダッシュ(走り出すさま)

ランキングに参加しています。応援して頂けると嬉しいです^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
人気ブログランキングへ


posted by あー at 00:01 | TrackBack(0) | 女の一人旅(海外旅行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。