ブログ引越しのお知らせ
女の一人〇〇は、お引越しをしました。
新しいブログはこちらです。


2008年05月29日

叙々苑テイクアウトショップ(麻布十番)

先週土曜日、麻布十番の美容室に行った帰りに、気になっていたフレンチレストランに行ってみたのですが、残念ながら貸切でしたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

中途半端な時間でやっていないお店が多かったので、お弁当を買って帰ろうと思って叙々苑のテイクアウトショップに寄ったのですが、お腹が空いていたのでイートインで食べてしまう事にしましたレストラン

「叙々苑麻布十番テイクアウトショップ」は麻布十番4番出口より徒歩5分、パティオ十番広場を左に曲がってまっすぐの所にあります。

店内はファーストフード店のような感じで、レジで注文してお金を払います。

カルビ弁当(1,800円)を注文。
5_29.jpg

ゴハンの上にカルビが6枚、キムチや酢の物がたっぷりで、かなりお得な内容です。

1つ1つとてもおいしくて、お弁当は大満足だったのですが・・・

店内の客が私一人だったせいか、とにかく従業員達のおしゃべりがひどいです。レジの中からも、調理場からも、「ここは居酒屋か?」ってくらい騒いでる声が聞こえ続けます。中には「あー、もしもし?」なんて、携帯電話を片手に客席を横切っていく従業員もいて、非常に居心地が悪かったです。

女一人で気軽に焼肉を食べられるお店ってなかなか無いので、いいトコ発見かと思いましたが、残念ながらイートインでのリピートはもう無いですねふらふら

お弁当自体はとってもおいしいので、興味のある方は持ち帰りでお試しになる事をおすすめします。

叙々苑 麻布十番テイクアウトショップ
TEL 03-3455-2255
住所 東京都港区麻布十番2-10-17 第二音居ビル 1F
営業時間 11:30〜23:30
定休日 無休

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

SUNNY DINER(北千住)

北千住と聞いてもあまりピンと来ない方が多いかも知れませんが、丸井やLUMINEがあって結構便利な街なので、お買い物にちょくちょく利用しています。

いつもはお気に入りのラーメン店「青葉」で一人飯を済ます事が多いのですが、先日はクチコミサイトを見て気になっていたハンバーガー屋さん「SUNNY DINER(サニーダイナー)」に行ってみました。

SUNNY DINERは、北千住駅西口を出て商店街をまっすぐ行き、3つ目の信号を右に曲がった所にあります。

お店は、外見も内装もアメリカン。赤を基調としたPOPなインテリアです。カウンターに座りチーズバーガー(確か900円?)とメロンソーダをオーダーすると、待ち時間を潰せる様に何冊か本を渡して下さいました。

5_22.jpg
あれ?バーガー小さくない?と思った方、それは間違いです。
メロンソーダがとてつもなく大きく、ポテトがとんでもなくテンコ盛りなんです。

こちらのバーガーは積み上げられているのではなく、ホテルの様に野菜が別に盛られているスタイル。「どうやって挟もう〜?」とオロオロしていると、笑顔で「挟みましょうか?」と声を掛けて下さいました。

ボリュームたっぷりのバーガーは肉の味がしっかりしていてとってもジューシー。細〜いポテトもサックサクでおいしいです。ただ、シンプルな味で物凄い量なので、女性が一人で完食するのはちょっとつらいです。

個人的にはBROZER'Sのハンバーガーの方が好みですが、お店の雰囲気や接客がとても良くて、また行きたいと思えるお店です。今回はスタンダードなチーズバーガーでしたが、今度はアボガドバーガーやホットドッグも食べてみたいです。

【2009.7.21追記】昨日久々に北千住のLUMINEに買い物に行ったら、リニューアルしたレストランフロアにSUNNY DINERの2号店がOPENしていました。アットホームな店だったのでショッピングセンターへの進出にちょっとビックリ。こちらの方が気軽にメニューや店の雰囲気を見られるので、気になる方はぜひ。

店名 SUNNY DINER(サニーダイナー)
ジャンル ハンバーガー
TEL 03-3888-3211
住所 東京都足立区千住3-45
営業時間 11:30〜24:00
定休日 月曜日

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

湯豆腐 嵯峨野(京都 嵐山)

嵐山へ行くなら、有名な「森嘉」のお豆腐を食べてみたいと思い、森嘉のお豆腐を使っているお店を探してみた所、「嵯峨野」というお店で食べられるという情報を見つけました。

午前10時過ぎにホテルを出て、四条大宮から嵐電に乗って嵐山へ着くと、駅周辺は早くも大混雑。飲食店にも行列が出来ていたので、まずい!と思い、急いで嵯峨野さんへ向かいましたダッシュ(走り出すさま)

4_10_1.jpg「湯豆腐 嵯峨野」は、渡月橋手前の道を右へまっすぐ行き、
突き当りを曲がった所にあります。
嵯峨野さんを目指してきた人くらいしか来ない場所なので、
駅周辺とは打って変わって人はまばらでした。
見事な桜が咲き誇る素敵な外観を写真におさめて中に入ると、
開店直後だったお陰か、すぐにカウンターに通して頂けました。

こちらのお店のメニューは湯豆腐のコース(3,800円)のみ。他に選択肢はありません。

4_10_2.jpg4_10_3.jpg

注文すると、お茶と茄子の佃煮(?)が出てきて、その後、湯豆腐のセッティングと共に、ひろうす(がんも)・刺身こんにゃく・胡麻豆腐・温泉卵・じゃこの佃煮が出てきます。左下のそぼろの様な物は、お麩の佃煮だそうで、弾力のある面白い食感です。

しばらくすると、鍋がシュー!と音を立てて吹きこぼれましたあせあせ(飛び散る汗)お店の人達はバタバタしてて気づいてくれず、フタを取ってオロオロしていると、隣の席の方(地元の方らしい。)が、店員さんを呼んで「アクを取ってあげて!」と代わりに頼んで下さいました。

4_10_4.jpg4_10_5.jpg

無事にアクを取ってもらい、アツアツのお豆腐を口に運びます。とっても滑らかで柔らかく、おいしいお豆腐です。お味がおいしいのも嬉しいのですが、食べてるうちに何だか楽しくなってきて・・・何でだろう?とよくよく考えてみると、外で一人で鍋物って初めての体験だったんですよね。カウンター席はテーブルや座敷と離れてるし、周りも一人の人ばかりなので、普段ならためらってしまう一人鍋も全然気にならないんでするんるん自分のペースでゆったりとMY鍋を楽しめるのが、何だかとても嬉しかったですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

4_10_6.jpg4_10_7.jpg

湯豆腐を半分くらい食べ終わった頃に、揚げたての天ぷらと、ご飯・漬物が出てきました。赤いのは生姜・巻いてあるのは湯葉の天ぷらです。そして最後は、豆乳の風味が口に広がる、つるっとした食感のデザートで終了です。

素敵なお店なのに店員さん達がバタバタだったのがちょっと残念でしたが、お値段・内容共に大変満足行く物でした。

ちなみに、こちらのお店や嵐山界隈の料亭・旅館にお豆腐を卸している「森嘉」さんは清涼寺のすぐ近くにあります。お土産用の梱包は用意しておらず、地元の方達と同じくパックをビニール袋に入れてくれるだけなので、暑い時期は無理ですが涼しい時期ならお土産に買って帰るのも良いと思います。もちろん、私も白豆腐とひろうす(がんも)をお土産に買って帰りましたよ手(チョキ)

気兼ねなく一人湯豆腐を楽しんでみたい方は、ぜひ京都旅行の際に訪れてみて下さいわーい(嬉しい顔)

湯豆腐 嵯峨野(ゆどうふさがの)
TEL 075-861-0277
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場45
営業時間 11:00〜19:00
定休日 無休

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

余志屋(京都 先斗町)

土曜日、銀閣寺周辺のお花見を終えた足で、そのまま先斗町へ。目的の余志屋さんは、先斗町の三条通寄りから更に脇道を入った所にあります。

開店直後に伺ったので、大将の前の席を勧めて頂きましたが、私が座るのは申し訳ない・・・たらーっ(汗)と、カウンター一番端の席に座りました。

こちらのお店は単品注文が可能なのですが、メニューと睨めっこしてみたものの、アレも食べたい・コレも食べたいと、どうしても選ぶ事が出来ず・・・結局7,500円のコースをお願いしました。

まず、突き出しはゴマだれがおいしい焼き茄子です。が、この時点ではまだ言い出せず写真を撮れませんでしたふらふらその後、お店の方に「お料理の写真を撮っても良いですか?」と伺うと、快くOKして頂けましたので、コース一通りドドーンとご紹介しますねぴかぴか(新しい)

4_7_1.jpg4_7_2.jpg4_7_3.jpg

お造りはイカ・タコの洗い・マグロ・ぐじ(甘鯛)の4種です。こちらのコースは量が多いので、最初は「単品注文でお造り無しにしようかな・・・」なんて思っていたのですが、一口食べて「コースにして良かった!」と早くも幸せ気分るんるん次は本当は「ぬた」の予定だった様ですが、「ねぎ抜き」というワガママを言ってしまったので、ホタルイカに変えて下さいました。そして、春を感じる焼き竹の子です。

4_7_4.jpg4_7_5.jpg4_7_6.jpg

次の三品は、余志屋さんに伺ったら絶対食べておきたい品です。
まず、鴨まんじゅう。こちらのお店の大将は料理本を出版なさっていて、なんと太っ腹な事にお店で出している料理のレシピを公開しています。カウンター端に本があったので手にとって見てみると、この鴨まんじゅうのまわりの皮は「あられ」なんだそうです。このあられの香ばしさが、おいしさのアクセントになっているんですね。そして鴨ロース。柔らか〜い鴨のお肉にタレとからしを付けて頂きます。生麩と湯葉の野菜あんかけも、この店の名物。湯葉の下には色々なお野菜が隠れています。

4_7_7.jpg次は太刀魚の天ぷらです。
太刀魚ってあまり食べる機会が無かったのですが、おいしいですね〜!
ほくっほくの白身がたまりません。
この辺でかなりお腹いっぱいになってしまったのですが、「出し巻きを巻きますのでいかがですか?」と言われ、二つ返事でお願いしてしまいました。
プルプルふわふわの茶碗蒸しみたいな出し巻き玉子はお腹いっぱいでもペロッといけちゃいます。熱々を早く食べたくて、写真撮るの忘れましたあせあせ(飛び散る汗)

4_7_8.jpg4_7_9.jpg

そして〆は釜飯!この日は「ぐじ(甘鯛)の釜飯」にえんどう豆を入れて頂きました。実は、前回来た時に、この釜飯の直前でギブアップしてアツアツを食べる事が出来なかったのが悔しくて悔しくて・・・今回の京都旅行は、桜よりも、観光よりも、とにかく余志屋で完食する為のリベンジ旅行だったのですexclamation×2
前回、お昼を遅めに食べて失敗したのを教訓に、11時ごろに軽めのブランチを取ってから何も食べないでおいた甲斐あり、やっとアツアツの釜飯を頂く事が出来ました手(チョキ)
前回食べきれずに持ち帰らせて頂いた、冷めた釜飯も大変おいしかったのですが、やっぱりアツアツは格別です。お茶碗一杯頂いて、あとは持ち帰り用のおにぎりにして頂きました。

4_7_10.jpg最後に黒糖のシャーベットでコース終了です。
コースで最初から最後まで全部おいしいってなかなか無いですが、
こちらは何を頂いても、大満足のおいしさでした。

これだけ美味しいので、当然ですが予約は必須です。
私が伺った日も、何組も何組も飛び込みのお客さん達が来ては「すみません・・・」と謝られていました。

今回の京都のあまりの混雑に「当分京都はいいや・・・」と思ってしまいましたが、多分また余志屋さんに伺うために京都に行ってしまうと思います。前回も春だったので、今度は違う季節に伺って、違う旬の味わいも楽しんでみたいですわーい(嬉しい顔)

余志屋(よしや)
TEL 075-221-5115
住所 京都市中京区先斗町通三条下ル材木町188
営業時間 17:00〜23:00
定休日 月曜日

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 23:52| Comment(9) | TrackBack(0) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

菊乃井本店(京都 真葛ヶ原)

昨年末発売のミシュランガイド東京にて赤坂店が2つ星を獲得した「菊乃井」さん。

前から行ってみたいと思いつつ、敷居が高いイメージなので「もうちょっと大人になってから・・・」と思っていたのですが、京都東山にある本店のランチではボリュームのあるお料理をリーズナブルに味わう事が出来るという事で、当ブログに掲載した舞妓変身の際に伺ってきました。

菊乃井本店は、円山公園近くの広大な敷地にあります。立派な門をくぐると、下足番のおじさんが声をかけてくれ、履物を脱いで仲居さんに案内されます。

混んでいる時期だったし、一人だから大広間の相部屋かな?と思っていたのですが、通されたのは6畳ほどのしっとり落ち着いた個室でした。電話予約の際に、「一人なんですけど・・・」とチョッピリ不安げにしていたので、気を使って下さったのかも知れません。

お昼のみの「時雨めし弁当」は4,200円で頂けます。5,460円のお造り付もありますが、ボリュームが凄いので女性ならお造り無しの方で十分だと思います。1つ1つ手の込んだ繊細なお料理は、どれも大変おいしく・見た目も美しく、幸せ気分になれます。ゴマだれと和えた鯛ととろろのご飯は、今迄食べた事が無い味で、最初「!?」と思いましたが、濃厚な味わいが後を引き、お腹いっぱいながらも最後まで平らげてしまいました。

3_25_1.jpg3_25_2.jpg3_25_3.jpg


肩肘張らずにゆったりと有名料亭の味と雰囲気(の一部?)を堪能出来るおすすめランチ。京都に行く機会があったらぜひ味わってみて下さい。

〒605-0825
京都市東山区祇園円山真葛ヶ原
TEL 075-561-0015 FAX 075-561-1013
昼:正午〜午後2時まで入店 夜:午後5時〜8時まで入店
不定休(年末・年始休みあり)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

鮨 百万石(上野)

今日は、私が「おいしいお寿司が食べたい!」と思った時に訪れる、大好きな上野のお寿司屋さんをご紹介します。

鮨 百万石は、上野・御徒町の両駅から徒歩5分位の所にあるお寿司屋さんです。

以前、両親の結婚記念日にお寿司をご馳走する為に、ネットで評判の良かったこちらに伺い、おいしさ・お得さ・居心地の良さに感激して、それ以来、何度か一人で伺っています。

3_34_3.jpgお店に入るとまず目に入るのが、真ん中の四角い木の箱。
コレ、氷の冷蔵庫なんです。
氷を利用して冷蔵しているからネタが乾かずに新鮮なんですね。


つまみのおすすめは、お酒にピッタリな自家製からすみの味噌漬け!濃厚なおいしさがあとを引きます。

3_24_1.jpgにぎりは何と言っても穴子!
1貫ずつ煮ツメと塩で頂くのですが、フワッフワでサイコーなんです。
(せっかく写真撮ったのにピンボケですいませんあせあせ(飛び散る汗))
こちらのお寿司は何を頂いてもおいしいのですが、その中でも私はとにかくこの穴子が大好きで、お店に向かう時の頭の中は穴子の事でいっぱいです(^^;

3_24_2.jpgもう1つくらいおすすめを書こうかと思ったのですが、1つ1つ手の込んだ江戸前寿司はどれも大変おいしくて正直選べません。
塩とスダチで頂くイカも、マグロの漬けも、最後にあっさり頂けるトロとたくあんの巻物も、どれもとってもおいしいので、ぜひご自身で味わってお気に入りのネタを見つけて下さいね。


気になるお値段ですが、刺身やからすみをツマミにお酒を数杯飲んでから握りを頂いても1万5千円位。おまかせの握りコースなら7千円〜頂けます。銀座なら数万円は取られてしまいそうな内容で、これはかなりお得だと思います。

優しいくてあったかい接客のお陰で女性一人でも安心して伺える貴重なお寿司屋さん。カウンターでの女一人寿司を楽しみたい方はぜひいってみて下さい。これ書いてたらまた行きたくなっちゃったんで、私も座ってるかも知れませんあせあせ(飛び散る汗)

店名 鮨 百万石
住所 東京都台東区東上野2-11-5 江波戸ビル1F
電話 03-3835-0487
営業時間 ランチ11:00〜14:00 夜の部16:00〜22:00(土曜日のみ21:00迄)
定休日 日曜・祝日

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

BROZERS'(人形町)

ロイヤルパークホテルに泊まる数日前、せっかく人形町に行くんだから、何かおいしいランチが食べたいなぁ〜とネットで検索していて見つけたのが、BROZERS'というハンバーガー屋さんですファーストフード

みなさんのクチコミを見ると、ボリューム満点ですっごくおいしいんだとか。という訳で、チェックイン後にすぐに向かう事にダッシュ(走り出すさま)インフォメーションデスクに居た女性スタッフに聞いてみた所、「私も大好きです〜!」と、すぐにわかってくださり、行き方を丁寧に教えて下さいました。

人形町からの行き方はわからないのでゴメンナサイなのですが、ロイヤルパークホテルからは、ホテルを出て右へまっすぐ行き、甘酒横丁を右折、その後、遊歩道を左折してまっすぐです。

こんな所に店があるの?という感じなのですが、近づくとすぐにわかります。

だって、凄い行列なんですもの・・・あせあせ(飛び散る汗)

名前を書いて待つ事40分くらい?やっとお店に入ってエッグチーズバーガー(1,100円)を注文。それから15分後にやっとお目当てのハンバーガーにありつけました。

3_4.jpg
見て下さい、このボリューム!!「そびえ立っている」って感じですよねたらーっ(汗)
このボリューム満点のバーガーを、紙袋(?)に入れて、ちょっと潰してバクっとかじりつきます。

で、肝心のお味ですが・・・


めちゃめちゃおいしいです。

とにかくバンズが物凄くおいしいんです。どう例えればいいんだろ・・・パリフワ?サクフワ?

ジューシーなパティにBBQソースが良く合うし、新鮮なシャキシャキ野菜とマヨネーズもGOODですぴかぴか(新しい)

こんなボリュームで大丈夫〜?なんて思いながら、ペロッと完食しちゃいました。

また食べた〜い!と思うけど、待つのがネックですね・・・。次回は時間をずらすかテイクアウトにしたいと思いまするんるん

店名 ブラザーズ(BROZERS')
TEL 03-3639-5201
住所 中央区日本橋人形町2−28−5
営業時間 月〜土]11:00〜22:00 日・祝11:00〜17:00
定休日 月曜日
※情報は変更になっている場合がありますので、お店に直接確認して下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 22:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

フジキッチン(浅草)

おいしい洋食が食べたい!と思った時に、真っ先に頭に浮かぶのが浅草のフジキッチンです。

浅草に行った事がある方なら「雷門左横のオレンジの看板」と言えば、あ〜!とわかって下さるかも知れません。

お店は、良く言えば歴史があるというか、風情があるというか・・・昔の喫茶店?という様な感じで、初めて1人で入るのにはちょっと勇気がいるかも知れませんが、入ってみる価値あり!です。

中は6席くらいのカウンターとテーブル3つ。かなり狭いです。カウンターの中と外に雰囲気の有るマダムが1人ずつ。奥でご主人がせっせとお料理を作っていらっしゃいます。

このお店でオーダーしてほしいのは、なんと言ってもビーフシチュー!!

3_15_1.jpg大きなお肉の塊が3つ乗っていて凄いボリューム。
このお肉がトロットロで、も〜、ほんと幸せ♪って気分になれちゃう位、最高においしいんです!(画像ピンボケですみません。)
付け合せのポテト・マカロニ・にんじん・インゲンもおいしいです。
ライスとパン(共に別料金)があるのですが、私はいつもロールパンをお願いしています♪

3_15_2.jpg脂身が気になる方には、これまた柔らか〜いタンシチューもおすすめです。
※画像手前がタンシチュー(3,000円)、奥がビーフシチュー(2,500円)
いつもは1人で伺っているのですが、この日は母を連れて行き、脂が苦手な母はタンシチューの方が気に入っていました。

正直、お店は狭いし、雰囲気も良いとは言えないし、値段も結構しますが、「それでもいい!」と思えるくらいおいしいんです。

先日、私の他にもカウンターで1人でビーフシチューを食べている女性が居たのですが、1口食べてウンウンとうなずいている姿を見て、勝手に「おお!同士よ!」と思ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

ボリューム満点なので、お腹をペッコペコにして行くべし!浅草に行ったら雷門の左の脇道を覗いてみてください♪

フジキッチン
住所 東京都台東区浅草1−20−2 
電話 03-3841-6531
営業時間 12:00〜15:00/17:30〜L.O.20:15
日祝12:00〜15:00/16:30〜20:00
定休日 水休
※情報は変更になっている場合がありますので、お店に直接確認して下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ←よろしければ、ポチっとお願いします。
posted by あー at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 女のひとり飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。